サバゲっぱなし4巻第22話

おすすめのまんがサバゲっぱなし4巻第22話

サバゲっぱなし4巻の22話のあらすじですが、伊集院栖羽子はショットガンで活躍できないことに悩んでいた。そこで、先輩である元ガチ勢の藤田 シオリにショットガンでの立ち振る舞いについてアドバイスを受けることになり、果たして伊集院栖羽子はショットガンを使いこなすことが出来るのか、後主人公である木枯ニコが受けるタクトレとは何だ?言う感じのあらすじになります。

22話の本編の後に再度主人公である木枯ニコにスポットが当てられ、プロの軍人の方から直接、エアガンのトレーニングを受けるというお話になり、この22話はその前日のお話になります。この漫画、主人公は木枯ニコになるんですが、スポットが当たるキャラクターが変わる為必ずしも主人公のみのお話であるというわけではないのです。

 

サバゲっぱなし4巻第22話の見所

サバゲっぱなしの漫画はサバゲーを楽しむ女性を題材にしている漫画です。特に4巻の22話をおすすめする理由は、サバゲー素人、玄人問わずぶち当たる壁について解説しています。特にエアガンのショットガンのお話になるんですが、何故ショットガンが屋外では不利になるかなどを細かく漫画にて説明をしてくれていますのでサバイバルゲーム初心者の方、経験者の方でもお話しにすんなり入っていくことができ、納得してもらえる内容になっています。特にショットガンのお話に関してはショットガンを使用する際の立ち回りや不利な点をどのようにして補うのかなどテクニックに関するお話もありますので自分のテクニックを磨くことに関しての参考にもなります。漫画の内容的には濃い内容になりますが、絵柄は可愛らしく、むさくるしいおっさんは出てこないので男性、女性問わず、すんなり物語りに入っていくことができ共感できる部分が多いです。これは原作者の方が実際にサバゲーをプレイしているためその知識が含まれているからであると思います。やはり、どんな漫画でもそうですがある程度説得力があり、原作者の方も経験者であるほうがお話も弾むという物です。

 

サバゲっぱなし4巻第22話の感想

サバゲっぱなし4巻第22話の伊集院栖羽子のショットガンに対する思い入れがコッキングをした際のガチャコンという動作音のみというかなり潔い理由でショットガンを気に言っていることに対して好感をもてました。実際にサバゲーをしていると思うのですが、エアガンの好みについては個人の自由であり、理由なんて些細なことでも良いのです。それが単純にリロードするときの動作音が純粋に気持ちがいいと言うような内容であってもです。かなり不利なエアガンであるということもあるんですがそれを努力と財力で補おうとしている点がさらに良いです。サバゲーって努力以外にも必要な物がありまして、お金が必要なんです。いわゆる改造費用という物で、それを惜しみなく出すことが出来るかという点もこの漫画の全体的な魅力なんだと思います。

そのほかに最近、読んで胸がキュンとなったのは、「あなた が し て くれ なく て も」という夫婦生活レスを描いたマンガです。あなた が し て くれ なく て もの ネタバレなどを読んでみるときっと読みたくなりますよ。無料で読む方法も記載していておすすめです。